ブログトップ

Makkyのあしたっていまさ!

cysmakky.exblog.jp

てきとーにまったり。主にSTGや東方を中心としたゲーム系雑記だよ。

雅な時間 Another② (応援イラスト作成工程)

-雅と私、レトロスペクティブな時間- Another②

Makkyです。
初見の方、詳細を知りたい方はコチラへどうぞ → http://cysmakky.exblog.jp/17382733

d0284766_17582789.jpg


雅な時間Another①はコチラ

今回は応援イラストのできるまでを記事にしました。
26話(2部最終回)をご覧になった方であればご周知のとおり、2部最終回を記念してレトロスペクティブ東方のイメージイラストを投稿、動画内で紹介させていただきました。ファンの一人として色んな想いを詰め込んだこのイラスト。果たしてどんな経緯で生まれたのか? そんな事を書いていきたいと思います。




d0284766_180466.png
イラスト製作は実はレトスペ雅本編がはじまるもっと前。2012年7月頃より着手していきました。
「雅」たるレトロスペクティブ東方のリビルド作品を手がけるとの一報を受け、いつか必ず完成させるという想いを胸に。手始めにこれまで過去の一度も東方のキャラを描いたことがなかったので最も好きなキャラである魔理沙で立ち絵。てきとーすぎますね。


d0284766_1805115.png
肝心のイメージ構成ラフ。霊夢と魔理沙は原作の東方Projectは勿論、レトスペ内でも主役なのでド真ん中に位置。やはり主役は目立たなければなりません。このときは他キャラはてきとーに羅列させるだけでした。強いられているんだ!でおなじみの集中線に沿って。ラフともいえないくらい酷いぐちゃぐちゃ加減ですねw


d0284766_180565.png
d0284766_181152.png
本格的に構成を設定。「雅」というキーワードを聞いて、雅らしさとはなんぞ?と考えた矢先、集中線を曙(旭日旗)のように見立てて扇状に展開。霊夢と魔理沙だけでなく、やはりレトスペの主人公、史規も入れるべきだと思い、同様に中央ラインに配置。彼がなぜ後ろ姿なの?というと顔のある資料がなかったのと、「幻想抜け~帰る」というテーマを基に「歩んできた道」を表現。男はやっぱり背中で語ってこそカッコイイと思うんですよ!伝わってくれれば嬉しい。
キャラクター配置も厳選してます。「OPでの主要キャラは全員描く」とこのとき決定。さらに若干のネタバレにはなるけども、イラストの物語性をより深くさせるために彼岸組を追加。映姫様と小町で史規を挟み、それぞれの視線が史規を見つめているのにもワケがあります。個人的に結構上手くいったなと実感。
キャラ配置は1~3部の順番になっているだけでなく、紅魔館と白玉楼とで対になるよう左右対称に。
 従者(咲夜さん⇔妖夢)
 主人(レミリア⇔幽々子)
 友人(パチュリー⇔紫)
という仕組み。アリスと射命丸が一番下のラインにいるのはこの異変に対して比較的早く絡んできたことを示唆してます。そして「扇」をイメージしたとおり、扇を閉じるとちょうど史規と彼岸組のいるスペースの形だけになるようにしてみました。


d0284766_181642.png
d0284766_1811273.png
d0284766_1811757.png
d0284766_1812424.png
いよいよ下書きも終わり、線画のペン入れ。キャラの輪郭と、その他オプション類、キャラごとのイメージ背景やオブジェクトを追加していきます。この頃にはすでに本編もはじまっており、1部中盤くらいの時期だったかなぁ。線画の完成状況として一度ツイッターにて途中経過を告知したこともありました。キャラ配置を決めたあとの事だったので、よもや本編でチルノが出てくるなんて想定しておりませんでした。いないのはそのためです(汗) ごめんよチルノ。


d0284766_181299.png
d0284766_1813819.png
d0284766_1814277.png
着色です。メインの真ん中から周りへ浸透させていくように順番に塗っていきます。東方キャラクターは髪の毛の色が非常にわかりやすいので、そこから塗っていくことで色合いのバランスを取りやすくするようにしました。同じ金髪でも魔理沙、アリス、紫はそれぞれとても若干違いますし、他キャラも微妙に色合いが異なります。


d0284766_1815220.png
d0284766_1815892.png
一部修正。妖夢の背景を竹林から白玉楼の庭へ。やっぱり彼女は庭師なので、そっちのがイメージにあうなということで背景をガラリと変えました。当初なんで竹林だったかというと、サムライスピリッツっていうゲームシリーズに登場する柳生十兵衛(やぎゅうじゅうべえ)と、緋雨閑丸(ひさめしずまる)のステージ背景が竹林だったからです。前者が二刀流であること、後者が幼い剣士であるイメージから無意識にやられました。どんなに東方に染まろうともSNK信者なんだ。はっきりわかるんだね。東方で竹林っていうとやっぱり永遠亭のメンツなので、ここは直して正解だったかな。この辺のタイミングでツイッターで二度目の途中経過を報告しました。


d0284766_182423.png
d0284766_1821097.png
d0284766_1821745.png
d0284766_1822510.png
一部修正その②。まず射命丸のオブジェクトにどうしてもカメラを追加したくなり、首から下げようかなと思ったけど、うまくいかなかったので連れ添いの鴉に持たすというアイデアが浮かぶ(緋想天の立ち絵オマージュ)。それに伴いポーズなどの修正ついでにペンを持たすことで新聞記者らしさが出たかなと。よくみるとわりと変な姿勢ですよね。背景が夕陽なのは1部最終回の情景と、文花帖~レトロスペクティブなイメージから。
続いてまたも妖夢。この頃はすでに本編も2部に入っており、丁度17話が修正で再投稿された時期です。本編で大きな修正をされたことにリスペクトを受け、妖夢もうちょっと可愛さと凛々しさ出せないかなとケツイして全部描き直し。結果的にいい方向に向かったかなと思います。
パチュリーのところ、ものっそ小さいけど小悪魔追加。本編の腐りっぷりがめっちゃお気に入りなので、なんかいつもパチュリーの近くにいんじゃねぇか?ってイメージ。小悪魔はミタ。あぁ、パチュリー様を見てる。その他、書物に遊び心をちょいちょいと付け足してます。スワヒリ語辞典、村上春樹著書、ジョジョの奇妙な冒険、エルシャダイ・・・etc。全て本編で使われたネタの布石です。気付いた方、いらっしゃいましたでしょうか。
紫の背景。スキマの境界があべこべだったので、外側と内側を逆転。スキマから出てきてる感を出しました。初登場時が夜だったのと「夜が降りてくる」のイメージから外は夜中。下書き案として持ってる扇子に「雅」って文字を入れてましたが、一旦保留。
ツイッター報告したことでレトスペファンの方から霊夢の袖の模様位置がおかしいことをご指摘。間違いに気付くことができ、そこも手直ししました。あの時はありがとうございました。
あと、レミリアのおっぱい小さくしました(血の涙 -Bloody Tears)



d0284766_1823281.png
d0284766_1823974.png
d0284766_1824782.png
d0284766_182547.png
d0284766_183692.png
d0284766_1831348.png
着色加工期間。少しずつ、少しずつですが確実に塗っていきます。雅な時間の記事に加え、夏コミに向けての原稿追い込みも日常に加わり、なんていうかよくわからん状況だったのを覚えてます。この頃はツイッター上でもモンスターエナジーどうこうと頻繁につぶやいていたハズw 夜更かしばっかしてました。今もしてるけど(迫真)。この頃からゲームする時間を意図的に割いてます。誘われない限り自らゲームすることを絶ってました。


d0284766_1831990.png
d0284766_1832575.png
d0284766_1833442.png
ここまでくればゴールはあとわずか。粗探しをしては修正・加工です。2部も21話の真実を経てクライマックス突入モードだったので、こちらも拍車をかけていくことに。追い込み作業嫌いじゃないです。精神がそれだけ集中するので。あとの反動が怖かったので、この頃から休めるときは無理せず休むことを心がけました。私はカレー食べりゃ元気になれるんです。このタイミングで霊夢のスカートが根本的に間違っていることに気付き、急いで修正。巫女さん=袴という認識と先入観が最優先されていて、全く違和感なかった。アハ体験ですね。修正するにあたってレトロスペクティブ東方雅の作中内での衣装デザインをとことん吟味するあまり、おっぱいと太ももでエロい方向に半分発狂しかけたことは今の内に白状しておきます。


d0284766_1834124.png
d0284766_1834714.png
d0284766_1835423.png
d0284766_184128.png
d0284766_1841081.png
最終工程の全体背景投入。下書きの時点で予てより紅白にしようと思ってました。当初、紫の持つ扇子に入れる予定だった「雅」という漢字一文字は背景にでっかくドンと。書道を嗜む弟の嫁さん(義妹)に直接書いてもらい、スキャナで取り込み。紫の衣装や髪型、霊夢の持つ札やリボンの模様、幽々子の反魂蝶などなど細かいところを追加・修正の手直しをしつつ、着色を何度も重ねていきます。2部最終回直前だったので、それはもうデッドヒートでしたね。背景が紅白なのはしっかりと意味があり、紅=紅魔館編、白=白玉楼編、紅白=霊夢を彷彿とさせるようにしています。雅な時間でも「紅」、「白(今後更新予定)」と別けているのはそのためです。

今回、結果的にはチルノと美鈴が諸事情により入れられなかったことは残念に思ったので、まず今回のイラストを仕上げることを優先させて、本編が本当の最終回を迎える頃には新しい応援イラストをもう一度描きたいと思っています。そのときはもう登場キャラクター全部入りで・・・! やってやんよ!


そんなワケで完成。
タイトルは「MIYABI」です。

d0284766_20295427.jpg
http://seiga.nicovideo.jp/seiga/im3265581


本編の26話投稿前夜に手渡すことができました。それにともない急遽、動画の最後に紹介する時間を延長追加してもらえることに。あちらの作業を増やすことになってしまい誠に恐悦至極でございました。当ブログでは、これからもレトロスペクティブ東方雅を応援いたします。今後ともどうぞ「雅な時間」でもお付き合いいただきますよう、よろしくお願いいたします。


Next Dream…




[PR]
by makky_cys | 2013-08-27 22:00 | レトスペ雅