ブログトップ

Makkyのあしたっていまさ!

cysmakky.exblog.jp

てきとーにまったり。主にSTGや東方を中心としたゲーム系雑記だよ。

おはようございます。Makkyです。
昨日、25日秋葉原はe-sports squareにてKOF14の国内初先行体験会が行われました。

あいにくと仕事の都合のため、イベント会場に間に合うことはできませんでしたが……
実にさまざまな情報が解禁されました!
わたくし、既に興奮状態でございます ヾ(:3ノシヾ)ノシ

既に公にされている情報は公式サイトを見ていただくとして、
当ブログではやや趣の異なる所感で攻めていこうかと思います。

ちょっと覗いてく
[PR]
# by makky_cys | 2016-04-26 07:36 | ゲーム | Comments(2)
スケジュールいっぱいおっぱい。


4月17日 済
東京・お台場
日本科学未来館 「GAME ON」
http://www.fujitv.co.jp/events/gameon/ 

4月24日
神奈川・横浜
赤レンガ倉庫 「宇都宮餃子祭り」
http://www.gyozakai.com/yokohama2016/

4月25日
東京・秋葉原
e-sports SQUARE AKIHABARA 「KOF14体験会」
http://game.snkplaymore.co.jp/press/pdf/160405_01.pdf

4月29日
東京・秋葉原
ベルサール秋葉原 「ケイブ祭りが大運動会」
http://promo.cave.co.jp/event/matsuri201604/

4月30日
大阪・南海なんば
味園ユニバース 「KOF14エキシビジョントーナメント」
http://kvo2k.com/kof14.php

5月3日
東京・新宿
東京オペラシティ 「東方Projectフルオーケストラコンサート」
http://tohoproject.jagmo.jp/


そのほか予定ざっくざく。
お買い物もいっぱいおっぱい。
[PR]
# by makky_cys | 2016-04-22 00:05 | ゲーム | Comments(2)
唐突にMakkyです。

ブログ更新をずっとおざなりにしていたので、習慣づけに日課として何かしら書くことにします。
不定期更新といいつつも流石にサボさんはよくないため、感覚を取り戻していこうと思います。


今日は十数年ぶりに ユリつばさ ゆりかもめに乗って コチラに行ってきますー ヾ(:3ノシヾ)ノシ
[PR]
# by makky_cys | 2016-04-17 09:55 | 雑記 | Comments(1)
あけましておめでとうございます。
不定期更新となっていますが、本年度も当ブログをよろしくお願いいたします。

さて、題名にあるとおり、昨日のC89内で配布いたしました新刊「STG用語辞典」にて誤植が見つかりましたのでご報告と共に、一部削った項目も含め再掲させていただきます。お手に取っていただいた全ての皆様にご迷惑をおかけいたしましたことを深くお詫び申し上げます。大変申し訳ございませんでした。


※誤植部分
11ページの3段目と、12ページの3段目が全く同じ内容で重複してしまっています。
本来は何もなく、そのまま下段の「TAITO」の項目へと続く形となります。
また、一部の項目前後で抜けていた箇所がございましたので、下記をご参照ください。


補足


【記号】の項目
! 【エクスクラメーション、ビックリ】
①エクストラ
グラディウスⅢにおけるパワーアップ項目の左から7番目。特殊効果を発動することができ、メガクラッシュ(ザコ全滅)、ノーマルショット切り替え、スピードダウン、リメインオプション(残機と引き換えにオプションを増やす)の4つのうちから選択可能。

②危険ポイント
極上パロディウスの高速ステージでこのマークが表示されると、文字通り巨大な「!」が落下してくるギミック。勿論、接触するとミスとなるので細心の注意を払おう。


「A」 【エー】
①「Aerodynamic(航空力学)」の頭文字
イグザークスにおける専用アイテム。自機をロボット形態から戦闘機モードへとチェンジできる。戦闘機になっている間は、被弾してもロボット形態に戻るだけなので1回だけミスの猶予が得られる。また、この状態でオプションを取ると専用の援護射撃を行える。

②エーボタン
STGにおいて最も使用頻度の高いボタン。ショットの発射を行う。またプレイヤーセレクトや、デモスキップなどの決定ボタンとしても起用される。

③アルファベットシューティグ
無料でダウンロードできるiPhoneアプリ。自機、敵が全てアルファベット(A~Z)で構成されており、自機は「A」を操作してプレイする。


「D」 【ディー】
③「Destruction(絶滅)」の頭文字 
イグジーザスにおけるアイテムのひとつ。ゲーム内では「D」アイテムは2種類あり、紫色の「D」がこちら。取った瞬間に画面上のザコを全滅させる。もうひとつ緑色の「D」があり、こちらは「Disruption(分裂)」を意味する。3WAYショットへと切り替える効力を持つ。


「F」 【エフ】
③「Full automatic(全自動)」の頭文字
フルオート連射。イグジーザスでは基本的に手連が基本となるので、これを取ることでボタン押しっぱなしでも高速連射ができるようになる。



【数字】の項目
1,000万点 【いっせんまんてん】
②エグゼドエグゼスのED
スコアが1,000万点に到達した瞬間、画面上に「10,000,000PTSおめでとう」というメッセージと共にボーナスBGMが流れてゲーム終了となる。このゲームにおけるカンストといえよう。


2UP 【つーあっぷ】
TATSUJIN(達人)に登場するエクステンドアイテム。自機を2機増やすことができる。ゲーム開始からノーミスで進行すると、3面のアイテムキャリアから出現。ゲーム中、1回しか登場しない貴重品。


573点 【コナミてん】
②ツインビーヤッホーにおけるスコアボーナス
雲を攻撃するとシリーズでは馴染みのベルが出現。これをショットで一定数当てることで色が変化するので、獲得すると任意に特定のパワーアップがはかれる。すでにパワーアップが完了している同色のベルを取ると57,300点のボーナスとなる。本来スコア絡みのベルは黄色ベルを取り続けることによる10,000点をキープするのがベターだが、本作ではこちらのが得策。ただし、スコアによるエクステンドは特にないためクリアラーが狙ってやるメリットはあまりない。



【アルファベット(A~Z)】の項目
DLC 【ディーエルシー】
ダウンロードコンテンツ。本来は「Downloadable content=ダウンローダブル・コンテント」の略で、一般の量販店に並ぶようなパッケージ版とは異なり、インターネット上からデジタルデータを専用のゲーム機本体に落とし込むことで遊べるようになるソフトの総称。追加コンテンツに多く起用され、DLC専用のSTGタイトルも数多く存在する。


ESP 【エスプ】
CAVEの代表作、エスプレイド、エスプガルーダ、エスプガルーダⅡのシリーズ総称。エスプレイドとエスプガルーダの世界観は全く異なるが、姉妹作だけに意図的に似通った部分はある。「extra-sensory perception=超感覚的知覚」の頭文字からESPと呼ばれており、作中ではESP者=超能力者として扱われる。ユーザーからのアンケート調査にて最も要望のあったタイトルを1本移植するというXboX360復刻プロジェクトで、長年移植されていなかったエスプレイドに注目が走ったが、ぐわんげがその座を勝ち取り、エスプレイドは今もなお家庭用未移植という状況である。原作者の井上氏によると「エスプリレイド」というエスプレイド直系の続編という考案はあるようなのだが、今のところ真相は闇の中。


HARD 【ハード】
ゲームによってはさらに上のベリーハード、マニアックなどがある。ノーマルに比べて、さらに難易度はあがり序盤からでも苦戦を強いられることは必須。ハードは難しいという意味の他に、硬いという概念から、敵の耐久力もあがる傾向になる。総じて上級者向けの設定。初心者向けのイージーとは対となる言葉。


k.h.d.n. 【ケィエイチディーエヌ】
元コンパイル所属の永田大祐氏と林康氏による音楽ユニット。
名前の由来は両名のイニシャル(Kou Hayashi、Daisuke Nagata)より。2003年、カオスフィールドを筆頭にマイルストーン在籍時の結成以降、同社の全STGタイトルの楽曲、効果音制作を担当。ラジルギを代表にその知名度をあげていく。ドラムンベースやハードコアテクノといった他にはない独特の作風が特徴で、「みんなで決めるゲーム音楽ベスト100」でも多くのファンに評価されている。現在は株式会社クロンに所属しており、ライブ活動やアレンジアルバムの作成にも参加。コンパイル在籍時には「ZANAC×ZANAC」の楽曲を手掛けていた。


NEOGEO 【ネオジオ】
「新たなる大地」という意味が込められている。1990年よりSNKが開発、販売していた家庭用ゲーム機。「凄いゲームを連れて帰ろう」というキャッチコピーのとおり、業務用ゲームをそっくりそのまま家庭でも楽しめるシステム。特色として、家庭用としては非常に高価なソフトの値段(数万単位)と、大型なカートリッジROMが一際異彩を放つ。厳密には業務用、家庭用それぞれに固有の名称があり業務用ネオジオは通称MVS(Multi Video System)と呼ばれ、家庭用ネオジオは通称AES(Advanced Entertainment System)という。これ1つのハードで対応ROMカセットを交換するだけで起動することができるため、その省スペース性もウリとなった。スイッチ切り替えで複数のゲームが起動できるのは現在におけるネシカの基盤ともいえる。格闘ゲームがメジャーではあったがSTGタイトルも豊富で、現在でもプレミアがつきながらコアゲーマー層に支持されている。正規ライセンスではないもののネオジオタイトルとして海外からSTGが発売されている。

代表作
 ・ビューポイント(サミー)
 ・パルスター(エイコム)
 ・ブレイジングスター(夢工房)
 ・ソニックウイングス2、3(ビデオシステム)
 ・ストライカーズ1945 PLUS(彩京)
 ・アンドロデュノス(ビスコ)
 ・キャプテントマディ(ビスコ)
 ・超鉄ブリキンガー(ザウルス)
 ・ラストホープ(海外製作)
 ・高速ストライカー(海外製作)


NMK 【エヌエムケイ】
①株式会社NMK(エヌエムケイ)
日本マイコン開発を前身として、1989年に法人化。アーケードゲーム開発の下請けがメインで、後に自社ブランドでの販売も行った。作品の多くはジャレコより販売される。「さんたるる」で知られる並木学氏も楽曲のほとんどを提供。彼がこの会社に3人目のサウンド担当として入社したのも名前の由来となっているのだとか。

代表作
 ・アーガス
 ・作戦名ラグナロク
 ・P47
 ・天聖龍(セイントドラゴン)
 ・サンダードラゴン
 ・ハチャメチャファイター
 ・超時空要塞マクロス 

②霧警(むけい)
怒首領蜂大往生における機体選択の曲名。NMKに由来。


NORMAL 【ノーマル】
①通常のゲーム難易度
ゲームにおける最も一般的な難易度を指す。工場出荷段階、初期起動時のほとんどがこの難易度設定に基準が設けられており、最も多くのプレイヤーが遊ぶこととなる。イージー、ハードもこのノーマルに比べて易しいか、難しいかという比較となる。

②キャラクタータイプの名称
虫姫さまふたりにおける一般的なキャラクター性能。オーソドックスに使えるのがウリで安定性に長ける。対の型にアブノーマルがあり、同じキャラクターでもややクセがあるのが特徴的。しかし使いこなせればノーマルにはない強さを発揮できる。


QUTE 【キュート】
有限会社キュート(Qute Corporation)。ソフトウェア製品やサービスの企画、運用を中心に99年設立。2000年、ワンダースワン上で動作の実行可能なソフトウェア開発キットであるワンダーウィッチプロジェクトを発足。その最優秀賞として選ばれたジャッジメントシルバーソードを発売。2010年にXbox360へと参入し、第1弾のエスカトス内にもシルバーソードを収録。最近ではXboxone用ソフトとしてナツキクライシス(仮)を開発中であると発表した。

代表作
 ・ジャッジメントシルバーソード リバースエディション
 ・エスカトス
 ・ギンガフォース


RAY 【レイ】
タイトー製STGレイフォース、レイストーム、レイクライシスのシリーズ総称。初代レイフォースのみサターン移植の際に、同名のゲームメーカーが存在していたため、「レイヤーセクション」とタイトルを変更され、続くレイストームもサターン版のみ~Ⅱと改められた。どちらもカタカナ読みでは「レイ」であることにかわりはないが、本家がRAYに対して、レイヤーセレクション(LAYER SECTION)ではLAYである。


ZUNTATA 【ズンタタ】
タイトーのサウンド開発部門の総称で、「ずん、たっ、たっ」と三拍子(ワルツ)を捩った名称に由来。1987年より活動を続けているため、その歴史は長い。1996年には自社レーベル「ZUNTATA RECORDS(ズンタタレコード)」を設立後、今なお数多くのファンを魅了させるゲーム音楽業界においてもきってはきれない存在。タイトーステーションの店内BGMや、一部カラオケ音源なども手がける。ガンシューと音ゲーを融合させた「ミュージックガンガン!」では人気東方楽曲をZUNTATA自らアレンジを手がけるという夢のコラボも実現された。



【あ行】の項目
アーケードモード 【あーけーどもーど】
業務用に基づく一般的なゲームモード、もしくは難易度のこと。家庭用移植の際に、ほぼ業務用感覚そのままの仕様で遊べることから。ゲーセン版におけるオリジナルモードにあたるのがこれなのだが、家庭用でのオリジナルモードは追加要素などでチューニングされたものが多いため間違って混同されやすい。


アーム 【あーむ】
①ダライアスシリーズのバリア
青アイテムを取ることで装着できる防御装置。アーマーの略。青アイテムを取り続けることで グリーン → シルバー → ゴールド とグレードアップしていき、被弾できる回数も伴って増えて行く。

②液晶モニターのアーム
家庭で縦画面を堪能したい人には必須アイテム。垂直型、水平型、水平垂直型、壁面取り付け型、支柱取り付け型とあり、モニタサイズと環境に合わせて選ぶと良い。最近では90度回転可能な液晶ディスプレイも手頃な価格で市販されているので、昔以上に縦画面の設置は容易となった。



【か行】の項目
覚醒 【かくせい】
①プレイヤーの潜在能力
残機ゼロ、ボムなしという死に際の状態で、必死になって抗い続けるそのプレイヤー本来のスキル。普段以上の弾避け力を発揮し、敵弾が見える状態に一時的になること。

②覚聖
エスプガルーダのシステム。Bボタンを押すことで発動し、自機の性能を変えることができる。ゲーム中、通常状態で敵を破壊すると聖霊石(せいれいせき)を獲得できるので、これを消費することで覚聖死界(かくせいしかい)を展開。敵機、敵弾速度が低下するだけでなく、被弾してもオートボムバリアを発動することができる。また、覚聖中に敵機を破壊すると、その敵が発射した弾をスコアアイテムに錬金できる。初心者にとっては救済、上級者にとっては稼ぎに繋がるという素晴らしいバランス。ただし、途中で聖霊石が0になってしまうと、逆に敵弾が高速化するペナルティもある。この状態を故意に維持する危険プレイを、敵弾が赤くなる事から通称「赤走行(あかそうこう)」と言う。

③RefleX(リフレクス)ボス戦演出
リフレクスとはSITER SKAIN製同人STG。クライマックスでボスの攻撃により自機パイロットが死んでしまう強制やられイベントが発生。その瞬間、機体だけが光翼(こうよく)を伴い覚醒してボスに抗うための力を得る。覚醒中はゲームのキモとなるシールド(敵の攻撃を跳ね返す)ゲージが無限となり、ボスのあらゆる攻撃に対抗することができるようになる。ただし、最終戦では一回でも被弾した時点でゲームオーバーとなってしまう。非常に熱い展開なので是非体験して欲しい。


鬼門 【きもん】
行くと悪い出来事に会う場所。総じて「ミスを起こしやすい難所」。それがステージ道中だったり、ボスのとある攻撃パターンだったりと要因は様々。多くのプレイヤーが苦渋を飲まされたエリアが統計的に高い箇所が鬼門として認知されていく。いかに突破していくかが腕の見せ所。


クロン 【くろん】
株式会社クロン(Klon)。2012年、ゲーム開発部門の増強に伴い、マイルストーンから移籍してきたサウンドユニット「k.h.d.n.」を中核とした自社のゲーム開発ブランド「Sakura Flamingo Laboratory(サクラ フラミンゴ ラボラトリー)」を発足。マイルストーンの意志を受け継ぐ形として、3DS向けにSTGタイトルを続々と配信。昨月にはXbox360用ソフトとしてマイルストーン製STGを全て網羅した「サクラフラミンゴアーカイヴス」を発売したばかり。

代表作
 ・カラス The Beast Of Re:Eden
 ・ラジルギでごじゃる!
 ・イルベロデリンジャー
 ・サクラフラミンゴアーカイヴス



【さ行】の項目
慙愧伍祭 【ざんきごまつり、ざんきごさい】
秋葉原ゲーセンHEYで行われているSTGキャンペーン。任意タイトルのみ、最初から残機5(ライフ5)でスタートできるという太っ腹で、ユーザーには非常に嬉しい設定企画のこと。ケイブ系のSTGに多く実装されているため、苦手な人も遠慮なくコインを投入して練習に励もう。


残機潰し 【ざんきつぶし】
③意図的なルート変更
ボーダーダウンに有効な戦略。厳密にはこのゲームに残機という概念はないのだが、今自分がいるボーダーからグリーン→イエロー→レッドと"ボーダーダウン"を起こすための条件が「1ミス」のため、攻略しやすいルートを自分なりに編み出すためにわざと死んでみる行為。かなり特殊で難解ではあるが、このコツが掴めてくると途端にこのゲームは面白くなってくる。


初心者キラー 【しょしんしゃきらー】
①序盤で苦戦を強いられる強敵ボス
鬼門の一種。3~4面ボスに特に多く見受けられ、こいつを倒せば第一段階突破という印象が強い。これを難なく突破できるようになればクリアへの道のりも次の段階へ。その初歩として掲げる目標たる存在でもある。

②使いにくい自機性能
自機の選択ができるゲームにおいて、一際クセがあり他より使い辛い機体。まずはゲーム全体に慣れなきゃいかんのに、扱う機体そのものに齷齪しては攻略もままならない。初心者が最初から使うにはちとオススメできないタイプを指す。


スク水シューティング 【すくみずしゅーてぃんぐ】
①トリガーハートエグゼリカ
「萌え」をとことん追求したかのようなゲーム性が反響を呼び、これまでSTGを触ることのなかった層を取り込めたことは大きい。STGゲーム部分のアンカーショットが特徴的(敵を捕獲しブンブン振り回す)なため、室伏ゲーとも呼ばれる(砲丸投げを彷彿させることから)。自機デザインがまるでスク水(競泳水着)を着衣しているかのように見えることに由来。AC版→DC版→XBLA版→PS2版と至る。その全ての仕様がとても若干違っているのがニクイ。PS2版「~エンハンスド」ではアルケミストが販売を担当している。

②それゆけ!ぶるにゃんマン
デジタルキュート(Digital Cute)製作のPC用アダルトソフト。プレイアブルキャラクターの1人である、「すくにゃんマン」がまんまスクール水着姿であることに由来。その他、体操着(ブルマ)、メイド服などを着た猫(の擬人化)が自機であることが特徴。見た目とは裏腹に丁寧に作られた横シューであり、エロシーンを除いたPSP版「~ポータブル」ではアルケミストが販売を担当している。

③ぎゃる☆がん
ギャルゲーとガンシューを組み合わせた全く新しいSTG。ゲーム性そのものは無双系ガンシューといった様相で迫り来るギャル(ザコ)の数が一般のガンシューよりも比較的多いのが特徴。敵キャラを全てスク水に変更できるDLCや、コンパニオンガールに向けて水鉄砲を当てて、スク水をスケさせるといったプロモーションを行ったことが話題に。アルケミストとは一体・・・ウゴゴゴゴ。


全一 【ぜんいち】
③バレットソウルの主人公
不倶戴天のゼンイチ。ワイドショットが基調となっており、炎のようなエフェクトが特徴。貫通性能のあるミサイルを装備したオーソドックスな機体で、移動速度が速い。ちなみに彼をサポートするロボットの名前は「カンスト」という。



以上となります。
【た行】以降は本誌に掲載されているとおりの内容となりますので、ご了承ください。
[PR]
# by makky_cys | 2016-01-02 10:47 | 雑記 | Comments(0)
こんにちわ、Makkyです。
唐突ですが宣伝です。


今月の10月24日(土)夜21時30分より
いつもお世話になっているチャーリーさんのコミュニティ「チャーリーの7チャンネル」にてゲーム音楽イントロクイズ企画の特別編を開催したします!!


今回はなんと私がメインパーソナリティー!
チャーリーさんは初の解答者側へとまわり、皆さんと共に奮闘いたします!!

詳細はコチラから!!
[PR]
# by makky_cys | 2015-10-17 01:57 | ゲーム | Comments(0)