人気ブログランキング |
ブログトップ

Makkyのあしたっていまさ!

cysmakky.exblog.jp

てきとーにまったり。主にSTGや東方を中心としたゲーム系雑記だよ。

ようこそいらっしゃいました

はじめての方向け。
基本的にはゲーム系雑記をてきとーにまったり語るブログです。


詳細はコチラ
# by makky_cys | 2020-12-07 12:07 | 雑記
お疲れ様です、Makkyです。

「ユリサカ仮面が逝く」シーズン1が全て完了いたしました。
繰り返しとなりますが、これまでの戦歴を振り返ってみましょう。



第一弾 vs MAKIさん
ユリサカ仮面が逝く #12_d0284766_13155121.jpg





第二弾 vs α(アルファ)さん




第三弾 vs GCHMさん




第四弾 vs アルゴス仮面さん




第五弾 vs ぴこさん




第六弾 vs まるしかくさん




第七弾 vs KANAさん




第八弾 vs シマダさん




第九弾 vs 与作さん




第十弾 vs 弁闘屋(べんとうや)さん
ユリサカ仮面が逝く #12_d0284766_13384455.jpg





細かい結果内容と、その過程はそれぞれご視聴いただくとして。
お察しの通り”ほぼ全逝き”という感じですw
ユリサカ仮面が逝く #12_d0284766_13464573.png
本当に色々と学ばせていただきましたし、
何よりも各界隈の方々に様々なゲームを知って貰えたこと、
ゲームを視るという観点から新たな発見を体験として得ていただけたこと。
心底やってよかったなという実感しかありません。

もちろん、チャンネル登録いただいた方々をはじめ、毎回観に来ていただき、
SNSでも拡散及びご支援いただけたのも感謝しております。

さて、前回から四か月経過しましたが、ついに第二シーズンがやってまいります……!!







2nd season start!
# by makky_cys | 2020-10-19 15:19 | ユリサカ仮面が逝く
ご無沙汰してます、Makkyです。


投稿していたと思っていた第十回の対戦結果がまだ反映されてませんでした…。
数か月ぶりの更新となりますが、まずはこちらからお知らせです。


スパ2X
ベガ vs キャミィ
9-10 勝ち

3rd
ユリアン vs Q
10-3 負け


スパ2Xにてついに勝利!!!!
この企画始まって以来の初勝利です!!(喜)
シーズン1最終回にようやく華を供えることができたって感じですw
内容も追い越し追い越されで相手リードからの逆襲、
また追い越しても相手にP勝ちされて最終リーチ。
9-9の大接戦にまで持ち込み、最後の最期はスパコン曙フィニッシュという結末。
夜中配信であることを忘れて大声で叫んでしまいました(笑)
キャラ差においても不利のつく組み合わせではありましたが、
ようやく意地を見せつけることができたって感じです。
キャミィを信じて良かった……。

そして3rdでは、もともと弁闘屋さんは強豪Q使いの第一人者であり、
「Qをよく知る」プレイヤーです。
ただでさえ不利のつくユリアン戦に加え「Q対策」までやってくるのだから手強いったらありゃしない。
キャラ対策だけでなく、過去の私の行動パターンや癖まで研究対象とし、
「プレイヤー対策」まで上乗せするという完全に”わからせにきた”姿勢には四苦八苦しました(笑)
観てもらえばわかりますが、とにかく捕獲に捕まらない。
捕獲の投げ間合いよりもさらに外の距離を常に保ち、「事故らない立ち回り」を徹底。
一見すると寒いプレイと思われがちですが、真剣勝負の最中です。
そんな見栄えなんて関係ありません。ただ「負けないための冷徹さ」。
勝ちを狙わずに守りだけに拘り続け、10先中全てに色気を出さなかったのは見事としか言えません。
チャンスを奪われ、どこかでやらなければと焦りを出してしまったこと、
そのうえで真っ向勝負を挑んでしまったのが仇となり、
巻き返しが非常に難しい展開となってしまいました。
作戦勝ちですね……。
さらにエイジスリフレクターの貼り方、ゲージ回収の巧みさも注目です。

3rdにおいては私よりも大先輩ですし、
”これだけは譲れない”という強い意志。
そんなものがとにかく出ていたと思います。
参りました!!
こちらとしては攻略したいユリアンの動きでもありましたので、
今回の敗北を経験にまたやりたいですね。
SA1の連突が好きなので全部そちらにしましたが、
この手のタイプには逆にSA2の腹部のが有効かもしれません。
途中で路線変更しなかったのも反省ポイントです。
ユリアン戦、詰め将棋みたいで奥深いです。

過去の記事でも何度か触れましたが、
この「ユリサカ仮面が逝く」という企画の発端は、
前代未聞のコロナ禍による自粛生活を強いられ憩いのゲーセンに行けず、
我々アーケードゲーマーにとっても深刻な問題を抱えていたところ、
私なりに何かできないか?と半ば自己満足の世界ではあるものの、
行動に移したのがそもそものキッカケです。
そんな最中で弁闘屋さんとやらせていただくのも例外ではありませんでした。
本来であれば8月中に3rdプレイヤーにとって非常に大きなイベント、
「(プレ)クーペレーションカップ」の開催が行われるハズだった矢先の中止。延期。
全国のQ使いプレイヤーをあつめるという恒例の大義名分を背負っている弁闘屋さんにとっても、
それは燻りとなり、モチベに影響を及ぼすほどの案件だったはずです。
”ゲームへの熱意を絶やさないでほしい”。そんな身勝手な我儘をぶつける形での指名です。
もちろん、彼がこんなことで熱意を絶やすことなど全くといっていいほど皆無ですし、
杞憂で終わるどころか、むしろただのお節介だったかもしれませんが、
「家にいながらでも令和の時代はできるんだ」って事実を再認識できたなら。
それだけの想いでした。
オンラインの性質上、ラグであったり色々とオフならではの臨場感とかは正直ないですが、
勝手は違ったとしてもゲームと向き合う姿勢そのものは何ら変わりません。
その証拠に、「遊びであれ」、ただのキャラ対策だけでなくプレイヤー対策まで仕上げてきてくれたというのは、
多忙中でも貴重な時間をそれだけ当ててくれたという事実。
素直に感謝しかありません。
そしてこれは最高のエンジョイ勢としての形なのだと私は思っていますし、
彼の熱量をしっかりと受け取ることができました。

ユリサカ仮面が逝く #11_d0284766_12590545.jpg

改めまして、対戦していただいた弁闘屋さん、
イラスト提供のおりつきさん、CASAさん。
実況にご協力いただいたへびめたこさん、中元さん、やんまさん。
そしてご視聴いただいた皆さん。ありがとうございました!

ユリサカ仮面が逝く
https://www.youtube.com/watch?v=W3bfKPq1LtE



...to be continued ?



# by makky_cys | 2020-10-19 15:18 | ユリサカ仮面が逝く

お疲れ様です、Makkyです。


まずは先日行われた第九回結果です。

Tホーク vs キャミィ
10-8 負け

………ユリサカ仮面、自然の大地へと還りました。


ガロスペ世界王者はカプコンゲーも強かった!
観てたか、あれが与作さんの実力です。
それでも文句があるなら彼を打倒してきてください!
力vs技、パワーとスピードのぶつかり合いという組み合わせではありますが、
実際はTホーク側も守りが強く、チャンスがあってもキャミィ側は迂闊に飛び込めないという図式。
故に長時間睨み合いが生じるという、スト2ならではの格ゲーらしいジリジリ感が堪能できました。
まさに一触即発。
Tホークのウルトラコンボである「レイジングタイフーン」を常に警戒しつつ、
距離を保っていましたが、距離が離れてしまうとこちらも触りにいけないので、
どこかのタイミングで相手の体力を奪わなければならないのですが、
そこはキャミィの攪乱力で補うしかなかったです。
時には図々しく投げを仕掛けに行くという度胸も見せなければならないので、
緊張感は常にありました。

先に与作さんにリードを許してしまい、7-3。
ここから7-7まで持っていく逆襲の4連勝は今回の撮れ高です。
そこから僅差で与作さんがリードし、
せめて9-9へと抗ったのも空しく最後の最期はあと一歩というところで時間切れによる決着。
あと1秒さえ残っていれば最終試合にまで縺れ込めたのですが、
ユリサカ仮面、届きませんでした…。
喋りながらのプレイだったとはいえ、
リスナーを盛り上げながらもしっかりと勝利された与作さん。
本当にお見事です! またやりましょうw

今回の試合を行うにあたって、
もともと与作さんはPS4版ウル4を所持しておりませんでした。
そこでPSNポイントを提供し、購入させるところからはじまりました(笑)
わずか1か月足らずという短期間でリハビリも伴う試合を複数こなし、
しっかりと対策・練習をしてきた与作さん。
その上で結果もちゃんと出すというのはゲーマーの鑑です。
この試合を観てくれたリスナーさんからも「久しぶりにウル4をやりたくなった」、
「観ててコメント打てないくらいに緊張が伝わった」というコメントもいくつかいただき、
何よりもオンラインでありながら「まるでゲーセンでの対戦光景のようだった」というお言葉は、
物凄く嬉しく、やれて本当に良かったと心底感じました。
私たちは決してプロゲーマーでもなんでもないただのゲーム好きおっさんズですが、
そういうのが”伝わった”だけでも非常に有意義で、同時に感謝しております。
お付き合いしていただきありがとうございました。

初の試みで、「2番組同時配信」を実施いたしました。
普段はひとつの番組でお互いにパーティーチャットで喋りながらプレイするという方針ですが、
今回はパーティーチャットなし。ですが1P側、2P側ともに個別に配信を行い、
好き勝手言い合うという放送スタイルです。
2番組を時間軸も合わせて同時に再生させると、映像はひとつ、音声は2つという形になるので、
まるでその場の空間に一緒にいるかのような錯覚を体験できます。
是非お楽しみください!


ユリサカ仮面サイド(キャミィ)

与作さんサイド(Tホーク)


改めまして、対戦していただいた与作さん、
イラスト提供のおりつきさん。
そしてご視聴いただいた皆さん。ありがとうございました!
両名のチャンネル登録も是非お願いいたします!

与作439チャンネル
さぁて、次なる挑戦は……?!








Next Stage Street Fighter
# by makky_cys | 2020-06-06 15:09 | ユリサカ仮面が逝く

お疲れ様です、Makkyです。


まずは先日行われた第八回結果です。

本戦 キム・ドンファン vs フリーマン
10-4 負け

エキシビジョン グラント vs カイン・R・ハインライン
10-4 負け

………ユリサカ仮面、塵と化しました。


通算8連敗でございます(白目)
わかっちゃいたけど強かった!!
流石歴代優勝者だけあります……。
キャラ相性とかそういうのは抜きにして、
とにかく驚いたのがガードの固さ。
フリーマンは受けキャラのようで器用貧乏なところがあるので結局のところ、
攻撃が最大の防御になるタイプのキャラクターなのですが、
とにかくまぁシマダさんのガードが固いこと堅いこと。
あれやこれやと手数で勝負しにいっても、
ガードクラッシュをにおわせたとしても迂闊に手を出してこず、
バックダッシュや間合い管理で的確に処理。
この紙一重の攻防が逆にこちらの”疲れ”にも影響を及ぼし、
最終的に綻びが生じるといった内容でした。
フリーマンには当身系超必技の「クリーピングデス」があるのですが、
それにすらなかなか釣れない(それでも何度かやってやりましたが!w)という徹底さ。
またこちらが予め置いてある避け攻撃にも手を出してこずに、
「余計なダメージを食らわない」という蓄積が勝敗を決したと思います。
配信中はガチャガチャとレバー操作音がやたらうるさかったと思いますが、
本当に手元が忙しい攻めですので、フリーマン側のこっちはかなり疲れるんですよw
せめて5勝をと目指して頑張りましたが、この1が遠く届かず10-4になってしまいました。
お見事です。

エキシビジョンでは派手にボスキャラ対決。
グラントの強さがよくわかる内容でしたね!!!!(笑)
こちらもせめて5勝と思ってましたが遠くと(ry)

今回はPS4での対戦となりましたが、
餓狼MOW界隈ではSteamでのオンライン対戦など有志により行われおり、
ゲーセンが今こうして自粛休業中だとしても灯は消えずに餓狼達が日々競い合っているようです。
私からすると餓狼MOW界隈は”魔界”ですが、
誰か気ごころの知れる仲がいるのなら是非色褪せぬ名作に改めて向き合ってみてもいいかもしれません。
もちろんオフラインであるゲーセンでの対戦にも興じてみてください!

改めまして、対戦していただいたシマダさん、
イラスト提供のおりつきさん。
そしてご視聴いただいた皆さん。ありがとうございました!
アーカイブはこちらで鑑賞できます↓
さぁて、次なる挑戦は……?!







Next Stage ULTRA STREET FIGHTER4
# by makky_cys | 2020-05-22 23:37 | ユリサカ仮面が逝く